上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 本格的に文章を書くのはそれが初めてであったから、書いては消し、書いては握りつぶし、書いては破り捨て、それは惨憺たる有様で、こんなことでモノ書きになどなれるのかしら、と頭を抱えることもしばしばだった。

 モノを書くというのは、こんなに大変なことなのか、しんどいものなのかと、しばし茫然として、こりゃだめだ、書けないや、と放り出しそうになったこともある。

 おもしろい体験をしたからといって、それをちゃんと文章にできるわけではない、まったく別の作業であることに、ハタと気づいたのである。要するに、文章力がない、表現力に乏しい、という致命的な壁に、はやくもブチ当たってしまったのだ。
スポンサーサイト
2010.04.01 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.01 / Top↑
 ここからの話はそろそろお金をいただいてもいいと思うのだが、まあいいか。大サービスしておけば、そのうち有料ブログのほうへ入ってもらえるかもしれないし、ツケとどけなんかがくるかもしれないし、そうそう、新しく出た本(『推定有罪』岩波現代文庫)も買ってもらえるかもしれないし、先行投資という言葉もあるから、そのつもりで先へ進もう。

 人のマネをする。

 なんだ、と思わないでいただきたい。このサルマネができるかどうか、恥ずかしいと思わずにできるかどうか、これが分かれ道となる。芸能人だって、これで食っている人がいるではないか。それができること自体、すでにリッパな才能なのである。
2010.04.02 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.02 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.03 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.04 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.05 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.06 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.07 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.08 / Top↑
 歌手のモノマネがうまい人は、その特徴を上手くとらえる。その息づかい、節まわし、表情をそっくりにすると、声質まで似てくるから不思議だ。

 それで食えてしまう人は、自分の歌をうたわなくなるけれど、うたえばきっと独自のものを出せる才能がある。

 ただ、自分の歌をうたうと受けない、コロッケみたいな顔をしていては人気が出ない恐れがあるから、モノマネでいく、ということになるのだろうが、最初は誰もが多かれ少なかれ人のモノをマネることからはじまるのはどの世界でも同じだ。

 師匠をもつ人はすべからくそうで、その世界では「ヌスむ」ともいう。ドロボウしなければならないのである。
2010.04.08 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.09 / Top↑
 そこで、どうやってマネるか、ヌスむか、というのが次なるモンダイ。モノ書きの場合は、手本となるものをみつけると、それをよく読む、くり返し読むだけでなく、書く、原稿用紙に書き写す、という作業である。

 手本は誰でもよい。自分が気に入った人のもの、ただしプロと認められた人のものでなければならない。面倒くさいと思ってはいけない。恥ずかしいと思うと、もっといけない。恥も外聞もない、恥知らずとならねばならぬ。

 それで相手は被害をこうむるわけではないし、いちいち断わる必要もない、何ともぜいたくなたのしみではないか。ただでヌスめるのだから、これ以上の安上がりもない。
2010.04.09 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.10 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.11 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.12 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.13 / Top↑
 ここで大事なのは、書き写すとき、原稿用紙へ肉筆でもって、というのがいちばんいい。パソコンに打つのではなく、紙に書く。そうすることで、その先達の筆の運びかた、文章のリズム感、句読点の打ち方、「てにをは」の使い方、ひらがなと漢字のまぜかた、等々がじかに伝わってくる。

 どれも大事な要素ばかり。読点のひとつもおろそかにしてはいけない。まさに肌と肌をすり合わせるようにして、相手のエキスをフェロモンをわがものとする。
2010.04.14 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.04.14 / Top↑
 誰を選んだらよいかわからないという人は、我の推薦を参考にされたい。

 谷崎潤一郎。この人ほどの達人は、むろん我自身の感性に照らしてのことだが、ちょっと見あたらない。これほど素直でアクがない、透明な文章を書く作家は、達人の域を超えている。と、我にはうつる。

 こむずかしい、わけのわからない言い回しをする人はいくらでもいるが、そういう人は自分でも何をいっているのかよくわかっていないのではないか。文章を究極まで追及、純化すれば、誰にもわかりよい、それでいて切れのいい、味のある、うまい、というしかない達文となるものなのだろう。
2010.04.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。