上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.01 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.02 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.03 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.04 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.05 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.06 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.07 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.08 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.09 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.10 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.11 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.12 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.13 / Top↑
 さて、このあたりから、すでに五歳のお嬢を相手に喋ったことに立ち返りたい。卒業して会社を転々、ケンカしてやめたり、首になったりして、ついに浪人になってしまった話だ。

 先生との約束である十年を完走するには、まさに「ふつう」とは衝突しなければならなかった。ふつうのふりをしてやったことは、公私ともに、すべて挫折、失敗に終わった。結局のところ、世の現実の厳しさと、作家修業の大変さを両者ともに引き受けて闘うには、我の体力、器量ではもたなかったということだろう。
2010.07.14 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.14 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.15 / Top↑
 常に何かを犠牲にしなければ、先へは進めない。我の場合、世間並みのことをあれもこれも蹴散らして、人に多大なる迷惑をかけた。親、兄弟、妻子、そう、我にもいっとき、世間並みに妻や子供がいて、ならばやるべきことがたくさんあった。

 しかし、それをやるとなれば、自分の夢とは別れねばならない。先生との約束も果たせなくなる。ふたつの現実、すなわち世間の常識を外さないで生きることとモノ書き修業をすることとは、ことごとく矛盾し、相容れないものだった。
2010.07.15 / Top↑
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.07.16 / Top↑
 ある作家は、「モノを書くとは義理を欠くことだ」と言い切っていたけれど、同感である。いまはもっと切実に、それがよくわかる。それでもなお義理を欠くまいと出来るだけの努力をしてきたことが、我の稼業を大きくすることを阻んできたような面は確かにあって、そのことを少し後悔してもいる。

 しかり、冠婚葬祭の義理から逃れるには出家するしかない。ために、出家する作家、あるいはすでに坊主の作家が出てくるのは当然といえる。でなければ、世間から嫌われ、身近な人間からも嫌われる道を選ぶ。そういう作家がホンモノなのだ。
2010.07.16 / Top↑
恐縮ですが管理人不在&笹倉さんにも早めの夏休みということで、19-21日の連載をお休させていただきます。

何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

皆様もよい夏休みを・・・。
2010.07.16 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。