通番(464)

 準備に数年かける。昭和二十三年生まれがちょうど本格的に定年(六十五歳)を迎えるころ、ゆうぜんと船出する。と、こんなことをいっていても、我自身がそれまでに健康を害してしまうか逝ってしまう可能性もある。・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.01 / Top↑
通番(465)

 会の約束事については、わが経験を生かしたユニークなものにしたいと思う。アジアのなかで、日本は特殊であって、いわゆるカルチャー・ショック、環境ショックというものが避けられないから、その覚悟をしてもらう必要がある。・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.02 / Top↑
 話を戻せば、宙に浮いたのはよかったが、まだ候補作というにすぎなかった。これから選考委員なる人たちの目に触れて、受賞か否かが決定される。受賞しなければ、なんにもならない。

 芥川賞の候補なら「候補作家」という名がつくけれども、すばる文学賞の候補くらいでは話にならない。さて、どういう成り行きになるのか。

 候補にする、との報告があってから、我は水城編集長と会っている。ソンコマさんが、会えば必ず禿げ頭に咬みつかれるのだといっていたが、小柄ながら豪放磊落というか、気さくというにはあまりになつっこい人柄に、我はうなってしまう。

 なかなかおもしろかった、というのが作品に対する評価で、それ以上は聞かなかった。通るかもしれないし、ダメかもしれない。選考委員しだいであり、そこまでは編集長の力は及ばない、という。
2010.12.02 / Top↑
通番(466)

 猫みたいな鼠(たまにいる)が目の前を走るとゾッとする人、冷房の効いたキレイなレストランでしかモノが食べられない人、街がきたないといって車でしか移動できない人、香辛料・香菜のニオイがいや、・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.03 / Top↑
 あと、マッサマンよりさらに辛くないタイ・カレーとして、パナン・カレー(Pha-Naeng Curry)というのがある。これまた、マッサマン・カレーよりレッド・チリの数を減らしたもので、我にはまったく辛くなく、…
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.05 / Top↑
 先ほど、辛いものがだめなタイ人はいくらでもいる、と書いたが、これは特に、血液型Aの人間に多い。タイでは二十数パーセントがそうで、およそ五人に一人、あとは数パーセントのAB型を除けば、OとBが約半々といったところ。…
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.05 / Top↑
通番(467)

 ○が半分以下なら何とかなる。人間は環境のドウブツであるから、そのうち馴れることが期待できる。我のように、嫌っていたゴキブリと友達になれる人もいる。・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.06 / Top↑
管理人です。
いつもご愛読、誠にありがとうございます!

先日もお伝えしましたが、今後の笹倉ブログの運営方法について、若干の変更を加えていく予定です。
現在、課金ブログにお支払いいただいている方の最長購読期限が来年9/7までですので(まとめてお買い上げありがとうございます!)、理念上は9/8から(たぶん実際上は9月に入ってから順次)無料化の部分を増やす方向になると思います。

毎日のベースが無料記事、土日の企画やスペシャル記事ないしオリジナル連載等が有料。
あるいは、公開から2~3ヵ月は全部無料、過去ログを読むためには有料登録…になるやもしれません(これはあまり目がなさそうですが)。
または、ブログをほぼ完全に無料開放して、まとまったものを再度編集しなおして電子書籍等で展開する、など。

こうした有料/無料のフォーメーションについては未定です。
ご意見賜りたく何卒よろしくお願い申し上げます。

ただ、ブログ開始の際にお断りした通り、専業作家が現今の出版事情のなかで何ができるか(ワタクシからしたらどのように"プロデュース"できるか)という問題意識の上での取り組みですので、なんでもかんでも無料の渦に投げ込む気持ちはありません。

 これまでの有料ブログ実験からより裾野を広げ、電子書籍を含めてさまざまに展開できるようになった新しいツールを活用して、作者と読者の双方にとって心地の良い(ナットクのできる)形にずらしていきたいと考えております。

…ということで、今後、まとめて何ヶ月か分を課金される際、「あれ、9月まではあと何ヶ月だから…」と、ちょっと計算いただければ幸いです。

課金ダイアログの文面も変更しておきますが、念のためこちらにも記載します。
今後とも笹倉明の「地球塾」をよろしくお願い申し上げます!
2010.12.06 / Top↑
通番(468)

 団塊アジア倶楽部。如上の通り、最低限の資格審査がある。メニューによっては、例えばK氏のようにボランティアの日本語講師になりたい人の場合は、それなりのハードルがある。・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.07 / Top↑
通番(469)

 団塊アジア倶楽部がその誇らしい邦人史に学んで実行することは、アジアに有形無形の足跡を残すことになる。・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.08 / Top↑
通番(470)

 いま、墓つきの老人ホームが求められているらしい。死んでも入るところがない、という人がいかに多いかの証左だろう。檀家制度におけるお寺と民衆の関係は、墓地をも包含して今も存続しているが、これまた制度の枠に入らない人の増加によって問題が発生している。・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.09 / Top↑
通番(471)

 これは実に広範な要素を含めて検討すべき問題で、その意味を解明するのは簡単ではない。

 ただ、我思うに、一国の制度と個の魂は別ものであって、その間には隔たりがあることを示す好例といえるかもしれない。幕藩体制が、民衆を「ハンチク(藩畜と書く)」として・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.10 / Top↑
 A型がなぜ辛いものを好まないのか、はっきりしたことはわからない。

 ただ、我の独断的考えをいえば、やはり北方系であり、肉食を主とする民族の血を引いているからではないか。イタリアなど南部ヨーロッパでは0型が多いが、・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.11 / Top↑
 O型やB型がどちらかといえば草食人種であるのに対して、A型は肉食人種の血を引いている。従って、AA因子の純A型ともなると、非常にパワフルで、攻撃的で、・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.12 / Top↑
通番(472)

 ヒンズー教徒やタイの仏教徒(同時にヒンズーの神々の信者でもある)には、一般的にいうところの「墓」というものがない。タイ化していない中国人やキリスト教徒はむろん墓をつくるけれど、・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.13 / Top↑
通番(473)

 近年(2009年)、日本人のルーツは東南アジア、とゲノム解析から判明したが、日本人は古代から、そもそも自然葬だったのであり、山や河へ遺骸を埋めたり流したりしていた。・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.14 / Top↑
通番(474)

 団塊アジア倶楽部の大事な約束事の一つは、タイで最期を迎える人について、死後どうするかの選択ができるようにすることか。荼毘に伏したあと、遺骨を河へ流してくれという人もいれば、入る墓のある人、遺骨を取りにくる遺族のある人もいるだろう。・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.15 / Top↑
通番(475)

 そこまでの倶楽部にするにはしかし、相当なシクミで臨まなければムリ、我にはできない可能性のほうが大きい。かつて、海外シルバー・プロジェクトといって、・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.16 / Top↑
 一九八〇年、秋。まだ三十二歳になったばかりの若造であった。第四回すばる文学賞の選考会の日がやって来た。

 選考委員の顔ぶれは、委員長が井上光晴(故人)で、以下、秋山駿、三浦哲郎(故人)、田久保英夫(故人)、黒井千次、五名の合議であった。すでに三名が冥界へ旅立っていることからして、いかに遠い過去のことであるかを実感する。

 選考にまつわる秘話についても、そろそろ時効だろうか。秘話といっても、とんでもない意外性をもつわけではない。文学賞の選考会では、ありふれた、といってもよいほどに、よくある話の類である。
2010.12.16 / Top↑
通番(476)

 それまで暮らしてきた環境とは、言葉が違う、気候が違う、食べものが違う、文化が違う、それもこれも違う、となれば、老人は耐えられない。

 家を建て替えると、たちまち死んでしまうのは、我が故郷の、・・・
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2010.12.17 / Top↑